社内サーバ運用の効率化|データを扱う業者を探す時はデータ復旧比較サイトをチェック
ウーマン

データを扱う業者を探す時はデータ復旧比較サイトをチェック

社内サーバ運用の効率化

IT

サーバ運用の新しい形

社内のファイルサーバをオンプレミスで構築し、その保守運用に非常に多くの工数を割いている企業は多いです。そんな会社にはファイルサーバのクラウド化をお勧めします。クラウドはインターネット回線を通じて社外に自社サーバを置くことができるサービスで様々な企業がクラウドサービスを展開しています。クラウドのメリットは様々あるのですが、一つは保守運用を抑えることができる点です。オンプレミスのサーバでは数年に一度サーバを新しいバージョンに変更する、サーバの更改作業が必要になりますが、クラウドでは局所的な変更処理を頻繁に行うため、更改作業がふようとなります。二つ目は可用性の向上が見込めることです。インターネットさえ繋がればクラウド環境で様々にデータを分散して保管しているサービスが多いため、社内にサーバを構えるより安全性が高い面があります。このため、利用頻度の高く、重要なデータを抱えるファイルサーバはクラウドに向いています。以上のことから、社内のファイルサーバをクラウド化するには大変メリットがあります。

社外にデータを出すリスク

使い方次第では非常に便利なクラウドシステムですが、社外にデータを出すことに変わりはないため、オンプレミスの場合よりデータ流出リスクは増します。社内におけるファイヤーウォールの設置についてもより高度な性能が求められます。ファイルサーバには社内の重要なデータが多く入っており、中には顧客情報や取引先の情報を多く格納している可能性があります。しかし、世の中にある便利な機能は積極的に利用すべきです。上記のセキュリティ面の懸念に対しては、クラウド先の格納状態について、他の利用者とパーティションで分けて管理する方法や社外のサーバと自社の間を公衆回線ではなく、専用回線を利用することです。ネットワークが専用のものであれば、他人のアクセスは制限することができます。